フォーラム・展示会

-about EMC forum-EMC環境フォーラムとは

コンセプト

EMC環境フォーラムは、主催である次世代EMC研究会の正田英介 会長(東京大学名誉教授/鉄道総合研究所会長)を中心に執り行っている技術フォーラムです。

より一層のEMCのイノベーションと更なる啓蒙・普及のため、EMCに関する最新の技術や設計情報、規格情報といった最先端の幅広い内容を現場技術者向けに発信しています。

EMCは電気回路や電波が存在すれば付いてまわる問題です。EMCを考えるとき、隣に置かれた電子機器抜きには考えられません。電気・電子機器は常に加害者であり被害者です。
故に、業種や職種の垣根を越えて知見を共有する機会をEMC環境フォーラムは提供し、機器の通信から制御まで最先端の幅広いテーマを取り上げます。

主催:次世代EMC研究会

EMCによるイノベーションとは何か?

電気を利用する機器は電磁波を意図的ならずとも発生させてしまうため、"お互いに干渉せずに十全に動作する"ためにEMCは国際的に規制され、各国の技術者がEMCに取り組んでいます。

EMCは製品安全の要件の一つであり、規制値クリアが市場投入の条件となります。

また、EMCは省エネのための制御や通信と密接に関わっているため、EMC技術の活用はより高性能且つ安全な製品開発へ繋がります。

<過去の開催内容>

EMC環境フォーラムでは、『EMC指令、ホームネットワーク、そしてスマートグリッド』といった、設計から試験測定、基準認証まで、幅広い角度からEMCに関わる最先端のテーマを毎年取り上げています。

これまでのEMC環境フォーラム開催内容をご覧になりたい方はコチラ

次世代EMC研究会

会長
正田 英介氏
就任期間:2007年-
公益財団法人鉄道総合技術研究所 会長
国立大学法人東京大学 名誉教授

1965年 東京大学大学院数物系研究科博士課程修了
1982年 東京大学工学部教授
1993年 東京大学大学院工学系研究科教授
1997年 電気学会会長
1998年 東京大学名誉教授・東京理科大学理工学部教授
2007年 公益財団法人鉄道総合技術研究所会長
2007年 次世代EMC研究会会長
2013年 工業標準化事業表彰 内閣総理大臣表彰受賞
運営委員長
徳田 正満氏
就任期間:2007年-
東京都市大学名誉教授
元 IEC/TC77国際議長
運営副委員長
大崎 博之氏
就任期間:2007年-
東京大学教授
IEC/TC77国際議長
ページトップへ戻る