書籍
書籍検索
新刊 送料無料

一般書籍・その他

キャリアを拓く学びと教育

著者: 吉本 圭一氏(九州大学)
価格: 2,800円(本体)+税
判型: A5
ページ数: 234 ページ
ISBN: 978-4-904774-88-5
発売日: 2020/3/26

【著者紹介】

【目次】

第1部 <教育の目的と目標>
    何を学ぶのか?

第1章 「なぜ学ぶのか」と「どう生きるか、どう働くか」

  1. 1.なぜ学ぶのか?
  2. 2.明治期の「学問は立身の財本」ストーリー
  3. 3.見えない未来の仕事への学習の方向は?
  4. 4.専門の探究と進路・キャリア

第2章 キャリア教育の日本的展開

  1. 1.職業とキャリア、その形成・発達
  2. 2.日本におけるキャリア教育の登場
  3. 3.キャリア教育の展開

第3章 若年選好の労働市場と序列的教育制度

  1. 1.「メンバーシップ型」労働市場
  2. 2.学校間の序列競争と教育

第4章 教育目的・目標としての学修成果と進路形成

  1. 1.キャリアを拓く教育のために、何を学び修得するのか
  2. 2.教育から進路とキャリアの形成
  3. 3.学校教育が目標とするもの―能力と経験―

第2部 <教育の方法>
    学術と職業を往還する学びと教育

第5章 学術と職業の往還で学ぶ

  1. 1.職業(Occupation)の連続性と教育
  2. 2.デュアル・システムに始まる修業と遍歴
  3. 3.学ぶことと働くことの順序性:日独の比較

第6章 職場体験・インターンシップの日本的展開

  1. 1.各教育段階における職場体験とインターンシップの実施
  2. 2.インターンシップの日本的展開

第7章 アクティブ・ラーニングから職業統合的学習(WIL)へ

  1. 1.インターンシップとアクティブ・ラーニング
  2. 2.自立的学習者としての学生を受入る成人学習学アプローチ
  3. 3.インターンシップから職業統合的学習(WIL)へ
  4. 4.能力涵養の介助者としてのメンター
  5. 5.地域の教育力:社会的資本

第3部 往還する<学びと教育の効用>

第8章 往還する学びと教育の効用(1)
    インターンシップの無業抑制効果

  1. 1.インターンシップの短期的な効用、中長期的な効用
  2. 2.高校進学率階層と無業
  3. 3.学科・進学率階層とインターンシップの実施、卒業後の進路
  4. 4.インターンシップ実施がキャリア教育改善へ及ぼす「相互作用」
  5. 5.インターシップ実施から明らかになったこと

第9章 往還する学びと教育の効用(2)
    専門と関連する就業体験

  1. 1.卒業生の把握するキャリア形成と大学教育
  2. 2.卒業生の初期キャリアと専門教育との関連性
  3. 3.進路・初期キャリア形成と総合的な大学教育に関する満足度
  4. 4.関連分野への就職に導く職業統合的学習
  5. 5.学修成果としてのコンピテンシー形成のTPOと大学教育
  6. 6.職業統合的学習の有用性

第10章 往還する学びと教育の効用(3)
    教育の遅効性と30歳社会的成人

  1. 1.教育のペダゴジーと効果の発現タイミング
  2. 2.日本の大学教育知識・技能の有用性をめぐって
  3. 3.タテ方向・ヨコ方向での職業生活への対応性
  4. 4.日本における大学教育の遅効性

第4部 往還する<教育のガバナンス>

第11章 往還する学習と卒業生調査による教育改善PDCA

  1. 1.ステークホルダーでもある卒業生の眼を通したPDCA
  2. 2.卒業生調査から始まるIR
  3. 3.共同開発web卒業生調査システムと協働IR
  4. 4.Web型の卒業生調査システムのもつ特徴
  5. 5.学内での教育改善へのエビデンスとレファレンス
  6. 6.大学教育と初期キャリアの観点からのPDCAと共同IR

第12章 学術と職業のスパイラルを担保する国家学位資格枠組(NQF)

  1. 1.第三段階教育の多様性と職業教育確立への展開
  2. 2.職業の、職業による、職業のための教育
  3. 3.諸外国における職業教育の焦点
  4. 4.日本における教育と職業の接続と職業教育
  5. 5.日本の職業教育の質の認定・向上のための課題

第13章 第三段階教育の未来形

  1. 1.キャリアを拓く学びからキャリアを認定し応援する教育の仕組みへ
  2. 2.第三段階教育の複眼的モデル
  3. 3.第三段階教育のアイデンティティの探究と調整のメカニズム
  4. 4.第三段階教育のコアはどこにあるのか

【参考文献】

  • 安部恵美子編 (2007) 『短期大学卒業者のキャリア形成に関するファースト・ステージ論的研究』 (平成16~18年度文部科学省科学研究費補助金 (基盤研究B) 研究成果最終報告書)
  • Jim Allen and Rolf van der Velden eds. (2011) "The Flexible Professional in the Knowledge Society - New Challenges for Higher Education", Springer
  • 荒川葉 (2009) 『「夢追い」 型進路形成の功罪―高校改革の社会学』 東信堂
  • Gary S. Becker (1964) "Human Capital; A Theoretical and Empirical Analysis, with Special Reference to Education" Columbia University Press, 佐野陽子訳 (1976) 『人的資本』 東洋経済新報社
  • Howard Bowen (1977) "Investment in Learning", Jossey-Bass
  • John Brennan, Maurice Kogan, and Ulrich Teichler eds. (1996) "Higher Education and Work", Jessica Kingsley Publishers
  • CEDEFOP (2009) 'The Shift to Learning Outcomes' (https://www.cedefop.europa.eu/files/4079_en.pdf, 2020年1月2日検索)
  • CEDEFOP (2015) "Global inventory of regional and national qualifications frameworks - Volume I: Thematic Chapters", (https://www.cedefop.europa.eu/en/publications-and-resources/publications/2213, 2020年1月2日検索)
  • Burton R. Clark (1983) "The Higher Education System - Academic Organization in Cross-National Perspective", University of California Press, 有本章訳『高等教育システム―大学組織の比較社会学―』東信堂
  • 中央教育審議会 (1999) 『初等中等教育と高等教育との接続の改善について (答申)』
  • 中央教育審議会 (2008) 『学士課程教育の構築に向けて (答申)』
  • 中央教育審議会 (2011) 『今後の学校におけるキャリア教育・職業教育の在り方について (答申)』
  • 中央教育審議会 (2012) 『新たな未来を築くための大学教育の質的転換に向けて~生涯学び続け、主体的に考える力を育成する大学へ (答申)』
  • 中央教育審議会 (2016) 『個人の能力と可能性を開花させ、全員参加による課題解決社会を実現するための教育の多様化と質保証の在り方について (答申)』
  • 中央教育審議会 (2018) 『2040年に向けた高等教育のグランドデザイン (答申)』
  • 大学改革支援・学位授与機構 (2019) 『高等教育に関する質保証関係用語集第4版』
    http://www.niad.ac.jp/n_kokusai/publish/no17_glossary_4th_edition.pdf
  • John Dewey (1916)、松野安男訳 (1975) 『民主主義と教育 (上・下)』岩波書店(原著https://www.gutenberg.org/files/852/852-h/852-h.htm、2020年1月2日検索)
  • John Dewey (1938)、市村尚久訳 (2004) 『経験と教育』 講談社学術文庫
  • ロナルド・ドーア (2005) 『働くということ』、中公新書
  • 深堀聰子 (2015) 「アウトカム重視の教育改革―その背景と概念の整理―」、深堀聰子編『アウトカムに基づく大学教育の質保証―チューニングとアセスメントに見る世界の動向―』 東信堂、3-32頁
  • Carl B. Frey and Michael A. Osborne, (2013) 'The Future of Employment - Susceptible are Jobs to Computerisation?', (https://www.oxfordmartin.ox.ac.uk/downloads/academic/The_Future_of_Employment.pdf、2020年1月2日検索)
  • 藤田晃之 (2014) 『キャリア教育基礎論―正しい理解と実践のために―』実業之日本社
  • 藤田幸一郎 (1994) 『手工業の名誉と遍歴職人―近代ドイツの職人世界―』未来社
  • ウォルター・ゲオルグ (1997) 「ドイツ中小企業における資格付けの趨勢」、日本労働研究機構編『日独における職業能力開発のしくみ』129-161頁
  • A.H. Halsey, Hugh Lauder, Phillip Brown A.S. Wells eds. (1997) " Education: culture, economy and society"、住田正樹・秋永雄一・吉本ケイイチ編訳 (2005) 『教育社会学』 九州大学出版会
  • 濱口桂一郎 (2009) 『新しい労働社会―雇用システムの再構築へ 』岩波新書
  • 春木進 (1982) 「高校格差」 熊本開発研究センター編 『熊本の高校教育―現状と問題―』 熊本開発研究センター
  • John L Holland (1997) "Making Vocational Choices: A Theory of Vocational Personalities and Work Environments", Psychological Assessment Resources Inc、渡辺三枝子・松本純平・道谷里英 共訳 (2013)『ホランドの職業選択の理論―パーソナリティと働く環境―』 雇用問題研究会
  • 本田由紀 (2009) 『教育の職業的意義』 ちくま新書
  • Herbert H. Hymann, Charles R. Wright and John Shelton Reed (1975), "Enduring Effects of Education", The University of Chicago Press
  • Jim Hillage, and Emma Pollard (1998) 'Employability: Developing a Framework for Policy Analysis. Department for Education and Employment', https://www.researchgate.net/publication/
    225083565_Employability_Developing_a_framework_for_policy_analysis_London_DfEE
  • 稲永由紀 (2010) 「欧州高等教育におけるEmployability論の位相―流動性、量的拡大、学位の二段階モデル―」、吉本編 (2010)1-7頁
  • 稲永由紀 (2016) 「専門学校における人材養成目標の広さ/狭さと教育プログラム:「関連分野」 就職認識にみる業種・職種の幅を手がかりとして」、吉本編(2016)19-31頁
  • Gilbert Jessup (1991) "Outcomes: NVQs And The Emerging Model Of Education And Training", Routledge
  • Gill Jones and Clara Wallace (1992), "Youth、 Family、 and Citizenship"、 Open University Press、 宮本みち子監訳、 1996『若者はなぜ大人になれないのか:家族・国家・シティズンシップ』新評論
  • 門脇厚司 (1999) 『子どもの社会力』 岩波新書
  • 苅谷剛彦 (1991) 『学校・職業・選抜の社会学―高卒就職の日本的メカニズム』 東京大学出版会
  • 苅谷剛彦 (2001) 『階層化日本と教育危機―不平等再生産から意欲格差社会』 有信堂高文社
  • 北村和夫 (1984) 「近代社会的価値観と偏差値」 『教育社会学研究』第39集、日本教育社会学会、187-199頁
  • Malcom Knowles (1980) "The Modern Practice of Adult Education: From Pedagogy to Andragogy", 堀薫夫、三輪健二監訳 (2008) 『成人教育の現代的実践-ペダゴジーからアンドラゴジーへ』 鳳書房
  • 小池和男編 (1991) 『大卒ホワイトカラーの人材開発』 東洋経済新報社
  • 小池和男、猪木武徳編 (2002) 『大卒ホワイトカラーの人材形成―日米英独の比較』 東洋経済新報社
  • 児美川孝一郎 (2013) 『キャリア教育のウソ』 ちくまプリマ―新書
  • 国立教育政策研究所 (2002) 『児童生徒の職業観・勤労観を育む教育の推進について』
  • 国立教育政策研究所 (2007) 『職場体験・インターンシップに関する調査研究 報告書』
  • 国立教育政策研究所 (2008) 『キャリア教育体験活動事例集―家庭や地域との連携・協力―(第1分冊・第2分冊)』
  • Jean Lave and Etienne Wenger (1991), 佐伯胖訳 (1993) 『状況に埋め込まれた学習―正統的周辺参加―』 産業図書
  • 松繁寿和編 (2004) 『大学教育効果の実証分析―ある国立大学卒業生たちのその後―』 日本評論社
  • Robert K. Merton (1957) "Social Theory and Social Structure", 森東吾、森好夫、金沢実、中島竜太郎訳 (1961) 『社会理論と社会構造』 みすず書房
  • 文部省 (1992) 『中学校・高等学校進路指導資料』
  • 文部省、労働省、通商産業省 (1997) 『インターンシップの推進に当たっての基本的考え方』
  • 文部科学省 (2004) 『キャリア教育の推進に関する総合的調査研究協力者会議報告書』
  • 文部科学省 (2011) 『中学校キャリア教育の手引き』 教育出版
  • 文部科学省 (2012) 『高等学校キャリア教育の手引き』 教育出版
  • 文部科学省 (2013) 『体系的なキャリア教育・職業教育の推進に向けたインターンシップの更なる充実に関する調査研究協力者会議 インターンシップの普及及び質的充実のための推進方策について―意見取りまとめ―』
  • 文部科学省 (2017) 『インターンシップ推進等に関する調査研究協力者会議 インターンシップの更なる充実に向けての議論の取りまとめ』
  • 中島ゆり (2019) 『国勢調査より「平成で新たに誕生した職業」_前編・後編』 (https://chikouken.jp/report/8795/、https://chikouken.jp/report/9065/ならびにhttps://chikouken.jp/report/8795/、2020年1月2日検索)
  • 南原繁 (1969) 『歴史をつくるもの』 東京大学出版会
  • 日本経営者団体連盟 (1995) 『新時代の日本的経営』
  • 日本経済団体連合会 (2017) 『「採用選考に関する指針」 の手引き』
  • 日本労働研究機構、吉本圭一・小杉礼子・米澤彰純 (1994) 『大学就職指導と大卒者の初期キャリア (その2)―35大学卒業者の就職と離転職』 (計208頁) 調査研究報告書No.56、日本労働研究機構
  • 日本労働研究機構 (2003) 『高等教育と職業に関する日蘭比較』、調査研究報告書No.162
  • 野村総合研究所 (2015) 『日本の労働人口の 49%が人工知能やロボット等で代替可能に~ 601 種の職業ごとに、コンピュータ技術による代替確率を試算~』 (https://www.nri.com/-/media/Corporate/jp/Files/PDF/news/newsrelease/cc/2015/151202_1.pdf、2020年1月2日検索)
  • OECD教育調査団、深代惇郎訳 (1976) 『日本の教育政策』 朝日選書
  • OECD (2000)"From Initial Education to Working Life ? - Making Transitions Work -"
  • OECD (2009)、森利枝訳 『日本の大学改革』 明石書店
  • 小方直幸 (2008) 「学生のエンゲージメントと大学教育のアウトカム」 日本高等教育学会 『高等教育研究』 第11集、45-64頁
  • 小方直幸 (2009) 「専門学校教育に対する卒業生の評価」 小方直幸編『専門学校教育と卒業生のキャリア』 広島大学高等教育研究センター『広島大学高等教育叢書』 103、49-58頁
  • 沖田富美子・佐々井啓・真橋美智子・塚原典子 (2002) 「日本女子大学の卒業生たち調査―第1報家政学部卒業生の場合―」 日本女子大学『日本女子大学紀要家政学部』第49号、1-12頁
  • Edward. G Olsen編 (1937) 、宗像誠也編訳 (1950) 『学校と地域社会』、小学館
  • 尾高邦雄 (1941) 『職業社会学』 岩波書店
  • OXFAM (2019) 'Public good or private wealth?', policy papers, published on 21 January 2019, (https://oxfamilibrary.openrepository.com/bitstream/handle/10546/620599/bp-public-good-or-private-wealth-210119-en.pdf, 2020年1月2日検索)
  • Carol-joy Patrick, Deborah Peach, Catherine Pocdknee, Fleur Webb Marty Fletcher and Gabriella Pretto (2009), "The WIL [Work Integrated Learning] Report: A national scoping study", Queensland University of Technology
  • George Psacharopoulos (1973) "Return to Education: An International Comparison", Elsvier
  • 労働政策研究・研究機構編 (2005) 『高等教育と人材育成の日英比較―企業インタビューから見る採用・育成と大学教育の関係―』労働政策研究報告書No.38、労働政策研究・研究機構
  • Mark L. Savicas (2011) "Career Counseling", 日本キャリア開発研究センター監訳 (2015) 『サビカス キャリアカウンセリング理論―<自己構成>によるライフデザインアプローチ―』福村出版
  • Harold Schomburg (2003) "Handbook for Graduate Tracer Studies" version2, Centre for Research on Higher Education and Work University of Kassel
  • Harald Schomburg and Ulrich Teichler. (2006) "Higher Education and Graduate Employment in Europe: Results from Graduate Surveys from Twelve Countries", Springer
  • Theodore W Schultz (1963) "The Economic Value of Education", Columbia University Press, 清水義弘・金子元久訳 (1980) 『教育の経済価値』 日本経済新聞社
  • Thomas P. Rohlen (1983) "Japan's High School", 友田たい正訳 (1988) 『日本の高校―成功と代償―』、サイマル出版会
  • Anne Storen & Clara Ase Arnesen (2011) 'Winners and Losers', in Allen and van der Velden eds. (2011) pp.190-240
  • 杉村芳美 (1990) 『脱近代の労働観―人間にとって労働とは何か―』ミネルバ書房
  • 杉村芳美 (1997) 『「良い仕事」 の思想―新しい仕事の倫理のために―』 中公新書
  • Donald Super (1957) "Psychology of Careers", Joanna Cotler Book
  • 田中萬年 (2002) 『生きること・働くこと・学ぶこと―「教育の再検討」―』、技術と人間
  • 田中萬年 (2013) 『「職業教育」はなぜ根づかないのか―憲法・教育法の中の職業・労働疎外―』、明石書店
  • Ulrich Teichler ed. (2007) "Careers of University Graduates-Views and Experiences in Comparative Perspectives", Springer
  • Ulrich Teichler (2009) 'Professionally Relevant Academic Learning', 吉本圭一訳 (2018) 「アカデミックな学習の職業的レリバンス Professionally Relevant Academic Learning」 『九州大学教育社会学研究集録』、第19号、33-49頁
  • Lester C. Thurow (1975) "Generating Inequality: Mechanisms of Distribution in the U.S. Economy", 小池和男・脇坂明訳 (1984) 『不平等を生み出すもの』 同文館
  • UNESCO (2015) "Recommendation concerning technical and vocational education and training (TVET)", (http://portal.unesco.org/en/ev.php-URL_ID=49355&URL_DO=DO_TOPIC&URL_SECTION=201.html, 2020年1月2日検索)
  • 渡部真編 (2005) 『モラトリアム肯定論』、『現代のエスプリ』 No.460、至文堂
  • David J. Weerts and Javier Vidal eds. (2005) "Enhancing Alumni Research-European and American Perspective", San Francisco, Jossey-Bass
  • 山田昌弘 (1999) 『パラサイト・シングルの時代』 ちくま新書
  • 山田礼子 (2007) 「アセスメントの理論と実践」 『転換期の高等教育における学生の教育評価の開発に関する国際比較研究』 (科学研究費補助金研究成果報告書 研究代表者 山田礼子)、同志社大学、7-47頁
  • 矢野眞和 (2017) 「『学習歴とキャリア』 に関するいくつかの研究課題─高専教育の実績に学ぶ」、『日本労働研究雑誌』、No.682、63‐67頁
  • 八代充史 (1995) 『大企業ホワイトカラーのキャリア』 日本労働研究機構
  • 吉本圭一 (1991) 「戦後経済と教育の構造変動」 『教育社会学研究』 第48集、日本教育社会学会、42-64頁
  • 吉本圭一 (1995) 「日本の青年の労働意識とその比較」 (単著:79-112頁) 総務庁青少年対策本部 『第5回世界青年意識調査細分析報告書』1995年3月 (501頁)
  • 吉本圭一 (1998) 「学校から職業への移行の国際比較―移行システムの効率性と改革の方向―」 『日本労働研究雑誌』、第457号、41-51頁
  • 吉本圭一 (1999) 「職業能力形成と大学教育」、日本労働研究機構(1999)、142-166頁
  • 吉本圭一 (2001) 「大学教育と職業への移行―日欧比較調査結果から―」 『高等教育研究』 第4集、113-134頁
  • Keiichi Yoshimoto (2002) 'Higher Education and the Transition to Work in Japan compared with Europe', Jürgens Enders and Oliver Fulton eds., "Higher Education in a Globalising World", Kluwer Academic, pp.221-240
  • 吉本圭一 (2004) 「高等教育と人材育成―「30歳社会的成人」 と 「大学教育の遅効性」―」、高等教育研究所紀要 『高等教育研究紀要』 第19集、245-261頁
  • 吉本圭一 (2006) 「インターンシップ制度の多様な展開とインターンシップ研究」、日本インターンシップ学会 『インターンシップ研究年報』 9、pp.17-24.
  • 吉本圭一 (2007) 「卒業生を通した 『教育の成果』 の点検・評価方法の研究」、大学評価・学位授与機構 『大学評価・学位研究』、第5号、77-107頁
  • 吉本圭一編 (2009) 『企業・卒業生による大学教育の点検・評価に関する日欧比較研究 (科研費研究成果報告書)』
  • 吉本圭一 (2010) 「インターンシップの評価枠組みに関する研究―高校における無業抑制効果に焦点をあてて―」、日本インターンシップ学会 『インターンシップ研究年報』、第13号、19-27頁
  • 吉本圭一編 (2010) 『柔軟性と専門性―大学の人材養成課題の日欧比較-』 高等教育研究叢書109、広島大学高等教育開発センター
  • 吉本圭一編 (2016a) 『ワーキングペーパーシリーズNo.3 大学教育における職業統合的学習の社会的効用 ―IR枠組みによる 「大学の学習成果と卒業生のキャリア形成に関する調査」 報告書―』、九州大学第三段階教育研究センター
  • 吉本圭一編 (2016b) 『第三段階教育における職業教育のケーススタディ』 九州大学第三段階教育研究センター
  • 吉本圭一 (2017) 「第三段階教育における職業教育―諸外国との比較の観点から―」、『リクルート カレッジマネジメント』、203号、6-11頁
  • 吉本圭一編 (2019) 『分野別学修成果可視化と国際的分野間横断体系化による 職業実践専門課程の質保証・向上』 九州大学第三段階教育研究センター
  • 吉本圭一、山田裕司 (2003) 「大学教育の職業生活への関連性―選抜効果・教育効果・キャリア効果」、日本労働研究機構 (2003) 74-103頁
  • Keiichi Yoshimoto, Yuki Inenaga and Hiroshi Yamada (2007) 'Pedagogy and Andragogy in Higher Education - a comparison among Germany, the UK and Japan-', "European Journal of Education", Blackwell Publishing, vol.42, No.1, pp.71-94
  • 吉本圭一・稲永由紀編 (2013) 『諸外国の第三段階教育における職業統合的学習』高等教育研究叢書122、広島大学高等教育開発センター
  • 吉本圭一・江藤智佐子・椿明美 (2018) 「大学教育の成果をめぐるアプローチの多元性―卒業生調査による満足度とキャリアの非一貫性に着目して―」広島大学高等教育研究開発センター 『大学論集』、第50集、239-254頁
【原論文一覧】
  1. 第1章 「なぜ学ぶのか」 と 「どう生きるか、どう働くか」
    1. 書き下ろし
  2. 第2章 キャリア教育の日本的展開
    1. 書き下ろし
  3. 第3章 若年選好の労働市場と序列的教育制度
    1. 第1節 「メンバーシップ型」労働市場
      「労働市場と大学」児玉善仁他編(2018)『大学事典』平凡社、
      40-43頁をもとに加筆修正
  4. 第2節 学校間の序列競争と教育
    1. 書き下ろし
  5. 第4章 教育目的・目標としての学修成果と進路形成
    1. 書き下ろし
  6. 第5章 学術と職業の往還で学ぶ
    1. 書き下ろし
  7. 第6章 職場体験・インターンシップの日本的展開
    1. 吉本圭一 (2006) 「インターンシップ制度の多様な展開とインターンシップ研究」 (日本インターンシップ学会 『インターンシップ研究年報』9、pp.17-24) および吉本圭一 (2018) 「インターンシップ」 (日本教育社会学会編 『教育社会学事典』 丸善出版、658-661頁) をもとに加筆修正
  8. 第7章 アクティブ・ラーニングから職業統合的学習 (WIL) へ
    1. 書き下ろし
  9. 第8章 往還する教育と学習の効用 (1)インターンシップの無業抑制効果
    1. 吉本圭一 (2010) 「インターンシップの評価枠組みに関する研究―高校における無業抑制効果に焦点をあてて―」 (日本インターンシップ学会 『インターンシップ研究年報』、第13号、19-27頁) より加筆修正
  10. 第9章 往還する教育と学習の効用 (2)専門と関連する就業経験
    1. 吉本圭一 「大学卒業後の初期キャリアとコンピテンシー形成」 (吉本圭一編 (2016a) 『ワーキングペーパーシリーズNo.3 大学教育における職業統合的学習の社会的効用 ―IR枠組みによる 「大学の学習成果と卒業生のキャリア形成に関する調査」 報告書―』、九州大学第三段階教育研究センター、47-77頁) をもとに加筆修正
  11. 第10章 往還する教育と学習の効用 (3)教育の遅効性と30歳社会的成人
    1. 吉本圭一 (2004) 「高等教育と人材育成―「30歳社会的成人」 と 「大学教育の遅効性」―」(高等教育研究所紀要『高等教育研究紀要』第19集、245-261頁) をもとに加筆修正
  12. 第11章 往還する学習と卒業生調査による教育改善PDCA
    1. 吉本圭一・江藤智佐子・椿明美 (2018) 「大学教育の成果をめぐるアプローチの多元性―卒業生調査による満足度とキャリアの非一貫性に着目して―」 (広島大学高等教育研究開発センター 『大学論集』、第50集、239-254頁) をもとに加筆修正
  13. 第12章 学術と職業のスパイラルを担保する国家学位資格枠組 (NQF)
    1. 吉本圭一 (2017) 「第三段階教育における職業教育―諸外国との比較の観点から―」 (『リクルート カレッジマネジメント』、203号、6-11頁) をもとに加筆修正
  14. 第13章 第三段階教育の未来形
    1. 書き下ろし

本書は、科学研究費補助金・基盤研究 (A) 「企業・卒業生による大学教育の点検・評価に関する日欧比較研究」 (研究課題JP17203041)、科学研究費補助金・基盤研究 (A) 「非大学型高等教育と学位・資格制度に関する研究」 (研究課題JP21243044)、科学研究費補助金・基盤研究 (A) 「キャリア・職業教育による高等教育の機能的分化と質保証枠組みに関する研究」 (研究課題、JP25245077)、科学研究費補助金・基盤研究 (A) 「第三段階教育における往還的コンピテンシー形成と学位・資格枠組みの研究」 (研究課題JP19H00622) などの成果の一部を活用し、とりまとめたものである。

【口コミ】

  • ※口コミはありません。
ページトップへ戻る